オリエンテーション委員会規約

われわれ教養学部生は、学生自治の精神の継承と学生生活の内容の紹介、学生相互の親睦を深める事を目的とし、新入生に対して、クラス・サークルを基盤としたオリエンテーションを、一年間の活動をとらえ直す中で行う。
かかるオリエンテーションの成功と発展を目指して、われわれはここにオリエンテーション委員会規約を制定する。

第一条[名称]

この会は東京大学教養学部オリエンテーション委員会(以下、委員会と称す)と称す。

第二条[所在地]

委員会の事務所は、目黑区駒場 3 丁目 8-1 東京大学駒場キャンパス構内キャンパスプラザ A 棟 103 号室に置く。

第三条[設置目的]

この会は新入生に対して行われる東京大学生によるオリエンテーションに関する諸活動の統括を行うために設けられる。

第四条[委員]

委員会は次の委員によって構成される。教養学部生は委員会発足時に前期課程生である東京大学生を指す。以下同じ。

  • (一) 東京大学教養学部学生自治会(以下、自治会と称す)代表として、自治委員会において選出された自治会員三名。
  • (二) 東京大学教養学部学友会(以下、学友会と称す)代表として、学友会学生理事会において選出された教養学部生である学友会普通会員三名。
  • (三) 東京大学消費生活協同組合(以下、生協と称す)代表として、生協理事会において選出された教養学部生である組合員三名。
  • (四) 東京大学学生会館委員会(以下、学館委員会と称す)代表として、学館委員会において選出された教養学部生一名。

第五条[公募委員]

委員会は必要に応じて、活動を補佐するものとして公募委員を募集することができる。公募委員については委員会における承認を必要とし、委員会が責任を負う。但し、公募委員は教養学部生とする。

第六条[委員の補選]

委員が被選出要件を満たさなくなった場合は、委員たる資格を失う。その時、選出母体は直ちに補選を行わなければならない。補選が行われるまでは、旧委員が全職務を代行する。

第七条[委員長]

  • (一) 委員⻑は委員の互選によって選出される。
  • (二) 委員⻑は委員会を代表し、運営に責任を持つ。
  • (三) 委員⻑は委員の中から委員⻑代理を指名する。委員⻑に事故ある時は、代理が職務を代行する。

第八条[委員会]

  • (一) 次の場合、委員⻑は委員会を招集する。
    • 一.委員⻑が必要と認めた時。
    • 二.委員の三分の一以上から要求があった時。
  • (二) 委員会は委員の過半数の出席によって成立し、議決は出席委員の過半数で成立する。
  • (三) 第一回委員会は前期委員⻑が招集する。

第九条[委員会の任期]

委員会の任期は、第一回委員会から次期の第一回委員会までとする。

第一〇条[秘密会]

委員会は、出席委員の過半数の賛成によって、秘密会とすることができる。

第一一条[委員会の権限]

  • (一) 委員会は、その目的に照らし、オリエンテーションの運営に関する必要な諸事項を決定する。
  • (二) 前項の規定にも関わらず、委員会は代議員大会決定には拘束される。

第一二条[活動内容]

委員会は第三条、第一一条に基づき、オリエンテーションに関する以下の諸事項を行う。

  • (一) オリエンテーションに関する日程の決定。
  • (二) オリエンテーションにおける運営方針の審議決定。
  • (三) 文化企画等の新入生歓迎行事の企画・運営。
  • (四) クラス・サークルに対する必要な指導・運営。
  • (五) オリエンテーション関係冊子の編集・発行。
  • (六) 合格発表・健康診断・入学手続き時のオリエンテーションに関する諸業務。
  • (七) 委員会予算の決定及び執行。
  • (八) 教養学部当局とのオリエンテーションに関する交渉。
  • (九) その他、オリエンテーションに必要な諸事務及び諸活動。

第一三条[会計]

  • (一) 委員会の経費は新入生が納入するオリエンテーション経費・学部援助金その他をもってあてる。
  • (二) 本会計の会計年度は当期委員会の任期とする。
  • (三) 本会計の決算は監査委員の監査を受け、自治委員会・学友会学生理事会・生協理事会・学館委員会に報告し、承認を得なければならない。

第一四条[監査委員]

  • (一) 監査委員は下記の要領で選出される。
    • 一.自治委員会から、自治会員一名。
    • 二.学友会学生理事会から、教養学部生である学友会普通会員一名。
    • 三.生協理事会から、教養学部生である組合員一名。
    • 四.学館委員会から、教養学部生一名。
  • (二) 委員及び公募委員は監査委員を兼任できない。監査委員の選出は、各選出母体でのオリエンテーション委員の選出と同時期とする。
  • (三) 監査委員は第一三条第三項に定められた決算の監査及び不定期の監査を行う。

第十五条[改正]

  • (一) 本規約の改正は、委員の三分の二以上の出席のもと、出席委員の三分の二以上の賛成によりオリエンテーション委員会が発議し、各選出母体の承認によって発効する。
  • (二) 選出母体から改正発議の要求があった時には、オリエンテーション委員会はこれを審議しなければならない。