東大POSSE

分類
文化系(社会奉仕)

団体紹介

東大POSSEは、学生や若手社会人が労働・貧困問題に取り組むNPO法人POSSEの支部の一つです。私たちはブラック企業で働く方や生活に困窮している方、外国人労働者からの相談に年間約3000件対応し、相談や独自アンケート調査などを分析し、政策提言を行っています。また、問題を構造的に把握するために、研究者や弁護士を交えた研究会、裁判傍聴や労働争議の現場などにフィールドワークを実施しています。私たちの取り組みは各種メディアに取り上げられ、社会的にも評価されています。代表の著作『ブラック企業』(文春新書)は10万部のベストセラーになり、2013年には「ブラック企業」で流行語トップ10を受賞しました。

活動予定

普段の活動
労働・生活相談の対応と検討、労働・貧困問題などの様々な社会問題に関する学習会

団体情報

人数
10
部室
なし
活動場所
5号館
活動頻度
毎週平日のうち1日の放課後
ウェブサイト
http://www.npoposse.jp
Twitter
@posse_volunteer
メールアドレス
info□npoposse.jp
(スパム対策のため文字を改変してあります。□を@に変えてください。)

ビラ

※一部の環境では正常に表示されない場合があります。

※パソコン版Google Chrome以外のブラウザではリンクが反応しない場合があります。

掲載内容は全て団体の登録によるものです